うんちの回数の目安ってどのくらい?


生まれてしばらく経った赤ちゃんは便意を感じることなくそのままうんちを出して、成長するにつれて徐々に脳から指令が伝わるようになって感覚を覚えて出すようになっていきます。
では、赤ちゃんの月齢によって回数は変わるものなのでしょうか。

 

一般的に、生後1か月頃までは非常に多く個人差はありますが一日のうちに10回以上するとされており、そこから2〜5か月頃には半分の5回、3〜6か月の頃は2回、半年から1年くらいの頃には1〜2回、1〜3歳頃になると1日1回程度で落ち着いてくるとされています。
>>赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖

 

ただ、大人も同じであるように回数には個人差があり、ある程度成長してからでも一日1〜2回するのが当たり前な子もいれば、数日かけて出す子もいるなど実に様々です。
大切なのは、赤ちゃんの回数が少なかったとしても元気であり、哺乳も離乳食も順調に飲んで食べているようであればあまり心配する必要はないと言えます。

様子を見ながらサポートしていく

逆に、1日でも出なかったら苦しそうにする子もいますので様子を見ながら必要に応じてお母さんがサポートしてあげるのが望ましく、何回出たなど数えるよりも赤ちゃん自身のペースに合わせてお母さんがとらわれ過ぎないようにするのが良いでしょう。

黄色の便が元気な証拠

生まれてすぐの赤ちゃんのうんちは黄色の便が健康的な証拠で、ご飯のたけた時のような臭いや甘酸っぱい臭いと表現されますが腸内細菌も少ないので臭いも穏やかであることが特徴です。
生後半年を過ぎた頃になると離乳食も進んで腸内細菌も増えることから消化・吸収が進み大人と同じように固くなり茶褐色のうんちを排出するようになります。

 

うんちの色や状態というのは、体調が悪いのかそうではないのかの判断基準となりますので、日頃から健康な状態のうんちの様子を覚えておくようにするのが良いでしょう。

回数が少なくても便秘ではない?


数日おきにしか出なかったりあるいは1週間経過しても出ないという場合には便秘なのではないかと心配になることもあるでしょう。

 

赤ちゃんは消化吸収だけでなく、排出する力も未熟ですのでその子によっては上手に排出できなかったり便が固いことで痛く感じて出すことをあきらめてしまうことで便秘になる赤ちゃんも少なくありません。

 

しかし、少ないからと言ってイコール便秘なのかというとそういうことではありません

 

出すことだけでなくお腹がパンパンで苦しそうにしていたり、哺乳量や離乳食を食べる量が少なくなってきているなら綿棒で浣腸したり医療機関で診てもらうのも一つの手段ですが、元気でそこそこ離乳食を食べておっぱいを飲んでいるようならあまり不安になることはないと言えますので、焦らず赤ちゃんのペースに任せてみましょう。