赤ちゃんの便の回数が少ない理由とは

 

 

赤ちゃんは、生まれてすぐは腸や肛門の発達がまだ未熟なので、飲んだものがすぐに排出されてしまいがちです。

授乳の最中に便が出たり、授乳後すぐに出たりすることが多いかもしれません。

 

回数は勿論個人差がありますが、一日5回くらいは出る子が多いかもしれませんね。

 

病院からお家に帰ってからも頻繁にうんちをすることが多いですが、月齢が上がってくるとその回数は減っていき、一日1回くらいになってくることもあります。
ですから、赤ちゃんのうんちが少ないと言って、何か異常が起こっているということはあまり考えられません。

 

色や固さ、機嫌が悪くないかどうかということと総合して判断しましょう。

 

しかし、一日一回も出ないということが続くと、小さな体に便が溜まりすぎているのではないかと心配にもなりますね。
この場合は病院に相談したほうがいいでしょう。

 

赤ちゃんは最初母乳やミルクしか飲んでないので、詰まったりすることは考えにくいのですが、それでも便秘する子は結構たくさんいるのです。